2014年05月01日

バジリカ建設と教会堂

バジリカ建設は、古代ローマ時代の公共建築に用いられてきた建築様式です。
バジリカ建設は、その後初期キリスト教時代に教会堂建築の様式としても取り入れられました。
バジリカ建設が、用いられた教会堂は「バジリカ式教会堂」と呼ばれました。
バジリカ建設が、教会堂建築として用いられた際に集中式教会堂という教会堂の建築様式も生まれました。
バジリカ建設が、西方で発展したのに対し集中式は主に東方で発展しました。
ご紹介させていただく建築様式は、バジリカ建設です。
古代ローマの集会堂やキリスト教会堂建築に用いられたのは、バジリカ建設です。


初期キリスト教時代に、上記の通り集中式教会堂とバジリカ式教会堂という二つの教会堂の形式が生まれました。集中式教会堂が東方で発展したのに対し、バジリカ式教会堂は西方でそれぞれ発展を遂げました。
それぞれの形式の特徴とし、集中式教会堂が円形・多角形・十字型などを基本とする平面を持つのに対し、バジリカ式は東西に長い平面を持ちます。



バジリカ建設

[関連キーワード]
バジリカ建設建築様式 バジリカ建設教会 バジリカ建設ローマ建 バジリカ建設キリスト教 バジリカ建設東方教会 バジリカ建設円蓋式 バジリカ建設ミストラ型 バジリカ建設長堂式 バジリカ建設basilica バジリカ建設クロスドーム
[注目ワード]
ieに脆弱性 ジャンプフェスタ 代替ブラウザ ゴッドフェス スタジオyou 緑関羽 ヤフー 11連 my softbank ie脆弱性
posted by バジリカ建設 at 17:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バジリカ建設の教会堂と、集中式教会堂・・・興味深いですね。
Posted by at 2014年05月01日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。